ページ内を移動するためのリンクです。

スバルが放つエンタの新しいカタチ「アニコン」

事業部長 谷口曜基

「アニコン」はアニメ×コンビニの造語です。コンセプトは「誰でも気軽に立ち寄れるコミックショップ」。店内にはコミックをはじめ、DVDやトレカ、ゲームソフト、フィギュアなども取り扱っています。当初はアニメ好きのディープな層というより、もうちょっとライトな、気軽にアニメを楽しみたい層をターゲットにスタートしました。どれだけ集客力をもったビジネスか見極める狙いから、出店にいたってはファンが集まりそうな日本橋(大阪の電気街)などをあえてさけました。

そもそもこの事業は、全社員に提案を募り、その中から立ち上がってきたビジネスです。首都圏などの大きなテナントは、コンビニだけではかなりの空きスペースができてしまい、そこにセットで出店することも念頭にいれています。生活に必要なものを提供するコンビニと、娯楽やエンタなど楽しいひと時を演出するアニメ。それぞれの相乗効果が確認できれば、全国へ拡散する可能性もあります。ただ、知名度も業績もまだまだこれから。新しく入る皆さんと一緒に育てていければと考えています。大切なのはアニメが好きというより、アニメをビジネスとしてとらえ、いかに成長させていけるかどうか。スバル肝いりの新事業です。責任も大きい分、やりがいも感じて頂けると思います。

Go to Top